包茎手術の最初のカウンセリングからの流れについて

包茎手術はどんな流れで行われるの?

 

包茎手術の最初のカウンセリングからの流れについて

 

包茎手術をしようと考えている方の中にはどんな流れで治療が開始されるのか分からなくて、怖くてクリニックに行けないという方がいるでしょう。

 

そこでカウンセリングからどういった流れで手術が行われるのか流れを説明したいと思います。

 

まずは泌尿器科や専門のクリニックに電話やメールなどで予約する所から始まります。
この予約する所でもお客さんに配慮されていまして、前後のお客さんと時間が被らないようにするために時間は余裕をもって取っています。

 

周囲の人にバレたくないと考えている人が大勢いますので、そういった細かいケアも考えられています。

 

そしてクリニックに到着したら問診票を書きまして、カウンセリングになります。
カウンセリングでは他の人に見えないように医師と二人きりの個室に通されまして、個人の悩みを聞きながら診察が始まります。
この時はもちろん下着を脱ぎまして、医師に見せる必要があり、しっかりとした手術をして治療する必要がありますので触診も行ないます。
これらの診察が終わると、どのように治療していくのが最適かどうかを説明してくれますので、それをじっくりと聞くことになります。
費用のことやどういった手術をするのかなどの説明があり、簡単なものであればその場で手術が可能で、まだ考えているのでしたら次回に持ち越すこともできます。
カウンセリングをしたからといった絶対に手術をする必要はなく、受けたい時に受けれます。

 

その後包茎の手術をすることを決めたのでしたら細かい料金の説明がされまして、支払い方法をどうするか決めることになります。
手術当日の日は説明を改めてしてもらい、消毒を行ない麻酔をします。
麻酔をすれば痛みは感じなく、30分程度で終わり、患部は包帯で巻かれている状態になります。
それからはアフターケアの説明を一通り行ない、痛み止めなどの薬を貰って終了となります。

 

包茎の治療はこのような流れになっており、そこまで悩む必要もありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ