包茎矯正器具って何?効果はあるの?

包茎の治療方法は費用が高い外科的な手術だけではありません。

 

包茎矯正器具って何?効果はあるの?

 

市販では手頃な価格で包茎矯正器具を手に入れることができます。店舗に行くのが恥ずかしい人は、通販でもいくつか人気商品があります。業者は中身がバレないように梱包するなど配慮しているので、誰にも知られないで治療を始められます。器具にはリングタイプと下着タイプ、シールタイプがあります。

 

リングタイプは輪っかになったシリコンに陰茎をはめ、下着タイプは矯正器具が下着で隠れているので見た目では包茎であることがわかりません。シールタイプは陰茎に直接包皮を接着することで亀頭を露出させます。これらは全て剥きグセを付ける効果があります。一般的に2週間ほど使用すれば、効果を感じられます。ただしカントンや真性包茎の人は使えないことが多いです。

 

器具によって包皮が傷つく恐れがあり、傷口に細菌が繁殖すれば感染症のリスクが高まります。また陰茎が充血したり壊死したりすることもあります。特に成人は体がすでに出来上がっているため、頭皮と亀頭との癒着が強く無理をして陰茎を傷付ける危険性があります。矯正器具で効果に満足できるのは、軽度の仮性包茎です。6ヶ月以上使用して効果の出ない人は、それ以上使っても期待できません。器具の中には安全面が保証されていないものがあります。実際に陰茎に損傷を受けた人もいます。

 

リングタイプは使い方を間違えると最も危険で、勃起時に陰茎が締め付けられうっ血することが多いです。強く締めつけられたことで勃起不全になる場合があり、ますます性行為を避けるようになります。矯正器具は装着したまま就寝することは禁止されています。

 

寝ている時に陰茎が圧迫されると血液の循環が阻害され、器具による摩擦で炎症を起こすためです。矯正器具による治療に対応しているところ病院はたくさんあるので、市販で済ませるよりも、医師による指導をきちんと受けた上で試してみると良いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ