包茎にはなる原因があるの?

包茎の原因

 

包茎にはなる原因があるの?

 

日本人の成人男性の場合だと、割合的に60%から70%の人は仮性包茎という数字です。海外と日本都の違いもあって、幼児時期の包皮除去手術などのうんかは日本にはないです。海外においては衛生上の問題として、包皮除去手術は普通に行われているものです。アメリカや韓国、アフリカなどでもそうです。宗教上の理由があって、キリスト教やユダヤは割礼をします。しかし日本人にはそんな習慣はないですから、普通に仮性包茎であるケースが多くなります。

 

日本人は温泉や共同入浴なども好きで利用をしますが、しれは他人とのサイズの比較の場とももなってしまい、子供っぽさを感じたり、恥ずかしいと感じることが多いというのも一つにあります。おどろくかもしれませんが、海外においては親子でお風呂に入るときには、親が皮を抜いてあげたりもしますので、そういった習慣も日本には皆無です。

 

包茎となる原因は大きく分けて2つあって、先天的要因と後天的要因が存在します。先天的は極端にペニスサイズが、もとから小さいことが要因となり引き起こります。多くのパターンではペニスサイズが引き金ですが、そればかりとは言えないのは、包皮が普通の人よりも多い場合もあります。そのためにペニスサイズが、成人となっても十分発達していても、その影響を受けて包皮が余ってしまうケースもあります。

 

後天的要因はマスターベーションなどによって、原因は引き起こされることを指しています。やり方を誤ってしまうマスターベーションがマイナスとなって、包皮が伸びてしまいます。それに成長期のときに、亀頭を露出させるトレーニングを行わないなどは大きく影響をしています。これで亀頭の成長が阻害されますから、残念なことに十分な成長ができないままということです。殆どの場合は後者の後天的要因によって起こっています。

 

治療は専門の医療機関を受診して、ドクターの指示に従うことです。自分でどうにかしようとはしないで、医療に頼りましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ