包茎治療には様々な方法あり?

包茎手術・包茎治療の種類にはどんなものがある?

 

包茎治療には様々な方法あり?

 

包茎手術には様々な方法があるので、重症度に合わせて医師の判断で決められますが、美容外科や男性専用のクリニックによって独自の技術を採用しているので、自分の症状に合った技術を採用しているクリニックを選ぶことが重要で、敏感な部分を切除するので設備が整っていて、アフターケアや術後の治療などをしっかりできる医療機関を選ぶ必要があります。

 

手術の方法にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、医師と相談をして手術後のアフターケアが容易なものや、手術痕が目立たないものなどを選んで手術を受けることができます。仮性包茎の場合は手術の必要性が低いとされていて、20万円から30万円の費用をかけて手術をするべきかしっかりと考えてから医療機関を受診することが大切です。

 

包茎がコンプレックスになっている場合は、医療機関で適切な医療を受ける必要がありますが、勃起した時に亀頭が露出すれば問題はないので、正常なセックスができる場合は気にする必要はありません。真性包茎は亀頭とのすき間に細菌が侵入するなどの衛生上の問題があるので、治療の必要がありますが、衛生上の問題以外にも早漏などの問題があるので、パートナーと相談をしてなるべく早く治療を受けることが重要です。

 

真性包茎でも正常なセックスをすることができますが、性感染症などの細菌に感染する確率が高まるので、衛生管理をしっかりとしなければなりません。

 

また皮によって亀頭が保護されているので、軽い刺激でも射精をしてしまう場合があるので、その場合には手術をするか、または早漏予防薬を服用してセックスをしなければなりません。

 

問題としては包茎治療を受けると1ヶ月以上セックスができなくなることで、その期間をどう過ごすかに関してはパートナーと話し合って決めておくことが大切です。また痛みが半年程度続く場合があるので、治療をする前の無料カウンセリングなどで詳しい説明を受けておかなければなりません。

ホーム RSS購読 サイトマップ